人気ブログランキングへ 広島ブログ


スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



クリックして頂けるとこのブログにポイントが入ってランキングが上がります♪
気に入っていただけた方はポチッとしていってくださいね。
励みになります^^
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
人気ブログランキングへ 広島ブログ
Posted by わたっぴ
 
[スポンサー広告
マツダ駅伝で激走した息子。
朝から冷たい雨が降っています。

寒の戻りに寒がりのワタシはブルブル・・・。





さて、おとといの日曜に行われたマツダ駅伝に、旦那の会社チームの一員として息子(小1)が出場しました!

マツダ駅伝は、普段入ることのできないマツダの工場敷地内で行われる駅伝!参加チーム300チーム以上(だったような・・・)!楽しそうでしょ!?

開会式前にアリーナで撮った1枚。

ドキドキするねぇ♪

マツダ駅伝 2010






レース前にはコースを下見して・・・。

それにしてもマツダ工場って広い!

工場内に長~い橋まであるし・・・ウチの町内より広いよね、きっと。バスで移動~。

マツダ駅伝 2010






マツダ駅伝、全部で6区間に分かれていて、息子が出場するのは第3区で1.4キロと最も短く、この区間は小学生or女性or45歳以上の男性のみ出場することができます。

だから小1の息子は最年少だと思われます。

小学生ももっとたくさんいるのかなーって思ってたけど、当日行ってみるとあんまりいない・・・しかも息子より明らかに上の学年の子ばっかり・・・。

うーん・・・不安だ。。。

1.4キロを走ること自体は問題ないんだけどね・・・なんせ普段から1日中走り回ってる子だから。

それよりも、割と運動神経がいいとは言え小1の息子(しかもチビ)がどんなに速く走っても、絶対大人にはかなわないじゃないですか。だから・・・

どんどんどんどん抜かされる→戦意喪失→走るのやめてグダグダになる

このパターンにならんかな~~という不安が・・・。

こんなことになっちゃったら、日々トレーニングを積んで本気モードで走る旦那の会社の方達に申し訳ないよ・・・><

走る前には息子に「抜かれてもいいから、ちゃんと最後まで一生懸命走るんだよ。」と言いました。






そして駅伝スタート!!

第3区間のスタート地点で待機してる人達を見るとやっぱりほとんど大人だよ・・・。

大人は女性や45歳以上の男性しか出られない区間とは言え・・・、鍛えてる人は普通に速いよねぇ(^^;)

スタートから25分後ぐらいに、第2走者からたすきを受け取って遂に息子が走り始めました!

「○○(息子の名前)、がんばれ~~~!!!」

旦那も私も必死で応援!!!

後ろからは、「わぁ~~、あんなちっちゃい子が走ってる~♪3区はほのぼのしてるねぇ♪」って言う声がちらほら。

そうね、回りから見ればそうなんだろうね、きっと。

でも親はもうドキドキなんです。。。

よしよし、とりあえず順調に走り出したのを見届けたところで私達は近道して第3区間のゴール付近へ先回り。

少し待つと・・・きたきた!!無事に息子が~~!!!

しかも相当頑張って走ってる!

頑張れ頑張れ、もうちょっと!!

マツダ駅伝 2010

最後の100メートル位、怒涛のラストスパートでした。

もう全力疾走だったんでしょうね、大人をダダダーっと3人抜き去って第4走者に無事たすきを渡しました!

す・・・すごい・・・、チビが大人より速い・・・!しかもラストの一番苦しいとこで!

これ以上ないぐらいの頑張りでした。

もちろんうーんと褒めてあげましたよ♪最後までよく頑張ったね、かっこ良かったよ!って^^

会社の方たちにもたくさんたくさん褒めてもらい、きっと息子も達成感と満足感でいっぱいだったと思います。

結果ですが・・・47位!(昨年69位より大幅ランクアップ。ちなみに息子が走った区間、去年は会社の女性が走ったそうです。)

タイムも去年より5分ぐらい縮まったみたい♪



お友達家族もわざわざ駆けつけてくれました♪ありがとね~~♪

日曜は寒かったけど、マツダ工場見れたし、息子の頑張りも見れたし、夕飯はご褒美で焼肉食べに行ったし、楽しい一日でした♪♪



スポンサーサイト



クリックして頂けるとこのブログにポイントが入ってランキングが上がります♪
気に入っていただけた方はポチッとしていってくださいね。
励みになります^^
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
人気ブログランキングへ 広島ブログ
Posted by わたっぴ
comment:8   trackback:0
[子供
| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。